舞妓さんちのまかないさん 4巻(感想あり)

*日常・グルメ・料理系

舞妓さんちのまかないさん 4巻

 

あらすじ

寒い日の事でした。

おかあさんがお姉さんから

牛肉をもらってきてくれたのですが

家は停電になっており石油ストーブ1個だけ。

食堂に全員集まって暖をとっていました。

すると

キヨちゃんからあけてーと声をかけられ、

襖をあけると・・。

 

作品の購入はこちらから

買おうと思った方はこちらのリンクから買ってくれると嬉しいです(・∀・)

【新品】舞妓さんちのまかないさん 4 小山愛子/著 小学館 小山愛子

感想

まさかの、停電でどこの部屋も寒くて

唯一の石油ストーブが一つ食堂にあるだけなのに

キヨちゃんの料理によってみんなが

あったかくなるシーンはね、もう

流石キヨちゃん(笑)!

そして

よく、おかあさんが牛肉をもらって来てくれたよなー

それなかったらキヨちゃんの料理できてないからな(笑)

美味しそうすぎてさ

もう、お腹減るって!

舞妓さん達の昼ごはんはメインなんも

この漫画読んで知った。

そかそか。

夜やとみんな忙しいもんなー

すーちゃん(百はな)の話がその次の話になるやけどさ

休憩のときも、挨拶まわりして

ちょっとでも呼んでもらおっていう

その行動力やったり。

ここの話でね、すーちゃんが何で同期の中でも

早くに店出ししてもらえたんかってのが

ふわーとわかる様になってるから

ここの話もおすすめやわ

ヒントは日常に落ちてるってのがわかる

何気ない事でも、覚えてくれてたら

やっぱ嬉しいもんな(笑)

ほっこりできる話になってるでー

基本、舞妓さんちのまかないさんは

ほっこりできる作品になってるけど

その中でももっとほっこりできる(笑)

この辺にしとくー‎(๑´ლ`๑)

ランキング参加してます。

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました