ハクメイとミコチ 2巻(感想あり)

*異世界・ファンタジー系

ハクメイとミコチ 2巻

 

 

あらすじ

 岩山でハーブ採取をしていたコミチとハクメイ。

ハクメイが早めにここを離れたいと言いだす。

噂では オシロってやつのナワバリなのだとか。

そんな話をしていたら

鳴き声がして上を向くとこそには噂のやつが!?

コマチは足を挫いていて動くのがやっとの状態。

ハクメイはどうやって乗り切るのか!?

 

 

作品の購入はこちらから

 

ハクメイとミコチ(2) (ハルタコミックス) [ 樫木 祐人 ]

ランキングに参加してます( * ¨ * )

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ
にほんブログ村

感想

今回も楽しかったー。

特に、オシロの話!

噂は噂でしかないんやな(笑)

一巻でも登場したセンが再びでてくるー。

セン可愛いすぎる

この物語に出てくる登場人物は

ほんまに可愛い!!

やから、読んで欲しいー。

世界観が良すぎるから(笑)!

ほんでもう一つ良いところは

1話1話の間に、足下の歩き方っていう

文章が書かれてるんやけど

またね、これもええねんー

もっとのめり込む事ができるのは

これのおかげもあるかもしれんな(笑)

ハクメイが羨ましすぎる。。

コミチの手料理を毎日食べてるねんで?

あんな美味しそうな料理を食べれるとか(笑)

まじで羨ましい。

7センチの小人の話もやけどさ。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました